スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

36歳不倫医師、ウソ投薬で“強制堕胎”(スポーツ報知)

 交際していた妊娠中の看護師女性に、「子宮収縮剤」などを投薬して流産させたとして、警視庁捜査1課と本所署は18日、不同意堕胎の疑いで、東京慈恵会医大付属病院の医師で、現在は金沢大病院に勤める小林達之助容疑者(36)を逮捕した。「ビタミン剤」と偽り、女性に投薬し、流産させる悪らつ非道な手口。医師としての専門的な知識を利用した悪質ぶりに、同容疑では極めて異例の立件となった。

 交際していた看護師をだまし、薬を悪用して強制流産させた“鬼畜医師”が逮捕された。

 調べでは、小林容疑者は昨年1月上旬ごろ、当時交際中で妊娠していた、都内在住の30代前半の女性の自宅で「ビタミン剤」だと偽り、子宮収縮作用のある錠剤を服用させた。さらに同月中旬、同じく女性宅で陣痛を誘発する薬を点滴した。当時、妊娠6週目で母子とも体調は良好だったが、点滴直後にトイレで流産。その際、容疑者も女性宅にいたという。

 流産後、出血が続き、女性が病院で受診したところ、容疑者から渡されたものと同じ薬を処方された。またその後、容疑者が実は既婚者だったことも判明。女性は不審に思い、昨年12月に警視庁に相談。その後、被害届を出した。女性は慈恵会医大付属病院で看護師をしていて、容疑者と知り合った。

 容疑者は「妊娠していたことは知っていたが、流産したことは知らなかった」と、容疑を否認。一方、むごい仕打ちを受けた女性は「子供は産むつもりだった。(容疑者を)信じていた」と、堕胎の意思がなかったことを説明している。

 同病院によると容疑者は、犯行時を含め、04年5月から腫瘍(しゅよう)・血液内科に所属しており、基本的に子宮収縮剤は扱わなかった。薬剤は24時間体制で管理されており、発注があっても、量や用途を審査されるため、医師でも自由に薬を持ち出せない。このため、捜査1課は入手経緯の調べを進める。女性が保管していた残りの錠剤と点滴パックの鑑定も進める。

 不同意堕胎罪では、1998年、女性にネズミ駆除剤入りワインを飲ませて流産させようとした秋田県の男性が同未遂容疑で逮捕されたが、堕胎の危険性が低かったとして起訴猶予となった例がある。だが、母体保護法により、一定条件下での人工中絶が認められた現状で、堕胎罪自体の適用は極めて少ない。

 今回は医師の専門知識や立場を利用した許し難い悪質さが考慮され、立件、強制捜査という異例の判断が下った。刑法の規定で同罪は、6月以上7年以下の懲役となる。

 ◆子宮収縮剤 人工的に子宮を収縮させる作用がある薬。本来は、予定日が過ぎても陣痛がないなど、出産が順調に進んでいない場合に、分べんや陣痛を促すために使われる。出産後の出血を止めるために使われることもある。産科の専門医によると、「十分に胎児が成長していない段階で投薬し、子宮を収縮させると、胎児が押し出されたり、酸素が行き渡らず死亡してしまうことがある」という。今回はそうした知識を持つ容疑者が、意図的に投与した疑いがある。

 【関連記事】
東京慈恵会 ビタミン剤 血液内科 を調べる

中小医療機関での医療安全で「院長のリーダーシップを」(医療介護CBニュース)
おなかの下から初めまして、ペンギン赤ちゃん(読売新聞)
突風 架線にトタン屋根 名鉄線41本が運休 岐阜・笠松(毎日新聞)
文化住宅火災で15世帯避難 未明の大阪・岸和田(産経新聞)
平野官房長官、徳之島住民と面会=普天間移設で理解求める(時事通信)
スポンサーサイト

コメント

非公開コメント

プロフィール

ひやまふじおさん

Author:ひやまふじおさん
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
フリーエリア
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。